2020年入試 国立大学センターボーダー得点率

 年明けての大学入試のセンター試験。今度が最後のセンター試験になるはずですが、どうにもこうにも新共通テストがごたついていますね。
 当ブログとしては、国公立大学についてはセンター試験後に二次試験を課しており、そこでこれまでも記述試験などが行われているし、なんとはなれば、二次試験で口頭試問などを付け加えることもできるものかと思います。センター試験というスクリーニングで人数が絞られないことには、ちょっと一次段階でのメニューの追加は対応が難しいであろうとは思います。
 国公立大学の入試では、その立場上、公正・公平・厳格であることは不可避でしょう。あまりスタッフの負荷が大きいとそれが損なわれる心配があります。外部試験活用も公平さに欠けることになるので、国公立大学の入試にはそぐわないのではと思います。
 センター試験であれ共通テストであれ、影響を大きく受けるのは国公立大学です。しかし、改革が求めている学力の考査に大きくかけ離れているのは私立大学の入試じゃないでしょうか? 大学生の数としても私立が大多数なのは自明です。改革の精神を普及させるために動かくすべきはどこか。もう一度、原点に立ちかえって、現状の見直しをしていただきたいものと思います。

 さて、そんな「ラスト・センター」に向けて受験生は追い込みに掛かっている頃でしょうが、ここで河合塾のデータから現時点の2020年のセンター試験のボーダー得点率予想について、各国立大学の募集人数加重平均値を計算してみました。
 まぁ、学部学科も昼夜も試験科目も科目数も傾斜配点も全く無視で得点率を人数で加重平均しただけですから、全く進路の検討に役に立たないものです。ただ、なんとなくこの大学はこの位置か、ぐらいな感じのものです。
 
【2020年入試に向けた国立大学一般入試のセンターボーダー得点率の募集人数加重平均値】(前期後期合計)
1位:東京大学(90.9%)
2位:一橋大学(87.2%)
3位:京都大学(87.1%)
4位:東京外国語大学(85.1%)
5位:東京工業大学(84.2%)
6位:東京医科歯科大学(83.8%)
7位:大阪大学(82.0%)
8位:名古屋大学(81.4%)
9位:北海道大学(81.2%)
10位:東北大学(81.2%)
11位:神戸大学(81.1%)
12位:筑波大学(81.1%)
13位:お茶の水女子大学(81.0%)
14位:横浜国立大学(80.7%)
15位:浜松医科大学(80.5%)
16位:九州大学(80.3%)
17位:滋賀医科大学(79.6%)
18位:東京農工大学(78.6%)
19位:千葉大学(76.7%)
20位:旭川医科大学(76.3%)
21位:京都工芸繊維大学(76.2%)
22位:名古屋工業大学(76.2%)
23位:金沢大学(75.5%)
24位:広島大学(75.3%)
25位:東京海洋大学(75.0%)
26位:電気通信大学(74.7%)
27位:岡山大学(74.6%)
28位:奈良女子大学(74.2%)
----国立大学平均(73.9%)----
29位:東京学芸大学(73.6%)
30位:滋賀大学(73.4%)
31位:埼玉大学(73.3%)
32位:信州大学(72.3%)
33位:九州工業大学(71.8%)
34位:熊本大学(71.6%)
35位:小樽商科大学(71.5%)
36位:岐阜大学(70.9%)
37位:三重大学(70.9%)
38位:静岡大学(70.8%)
39位:大阪教育大学(70.8%)
40位:新潟大学(70.5%)
41位:京都教育大学(69.2%)
42位:香川大学(69.0%)
43位:和歌山大学(69.0%)
44位:長崎大学(68.9%)
45位:鹿屋体育大学(68.4%)
46位:山口大学(68.2%)
47位:富山大学(68.1%)
48位:山梨大学(68.0%)
49位:茨城大学(67.8%)
50位:群馬大学(67.2%)
51位:愛知教育大学(67.0%)
52位:福井大学(66.9%)
53位:佐賀大学(66.9%)
54位:愛媛大学(66.8%)
55位:奈良教育大学(66.7%)
56位:徳島大学(66.3%)
57位:宇都宮大学(66.2%)
58位:鹿児島大学(66.0%)
59位:鳥取大学(65.9%)
60位:高知大学(65.9%)
61位:東京藝術大学(65.8%)
62位:岩手大学(65.6%)
63位:兵庫教育大学(65.5%)
64位:島根大学(65.4%)
65位:帯広畜産大学(65.2%)
66位:宮城教育大学(65.2%)
67位:上越教育大学(64.7%)
68位:山形大学(64.5%)
69位:大分大学(64.3%)
70位:弘前大学(64.3%)
71位:豊橋技術科学大学(64.0%)
72位:福岡教育大学(63.8%)
73位:秋田大学(63.6%)
74位:琉球大学(63.5%)
75位:宮崎大学(63.5%)
76位:福島大学(63.1%)
77位:北海道教育大学(62.4%)
78位:鳴門教育大学(62.4%)
79位:長岡技術科学大学(60.0%)
80位:室蘭工業大学(56.9%)
81位:北見工業大学(55.1%)
82位:筑波技術大学(40.6%)
資料)河合塾HP『Kei-Net 大学検索システム』(2019/12/15閲覧)の各学部学科・各日程・各試験種ごとのボーダー得点率をそれぞれの募集人員で各大学ごとに加重平均した値。
kawai-center-border2019UnivAll.png

 学部募集のある国立大学は82校ありますので、国立全体の平均は半分の41位あたりに来そうですが、実際には28~29位の間と、相対的にかなり高い順位の場所に平均があります。
 これは、下にみるように、一般入試募集人数の多い大学がセンターボーダー得点率の国立大学加重平均値よりも上にきているためです。旧帝大や旧官立大学などのそもそもの規模が大きい上に、逆に下位は非一般入試比率が国立内で相対的に高いところも多くて一般入試募集人数が比較的絞らているということもこのような現象を生んでいるとみられます。
 なお、河合塾の推定による5教科7科目総合型の文理別平均点をもとに、過去5年間で文系:理系を1:1にした場合の平均得点率を計算すると、62.1%となります。さすがにほとんどの国立大学の加重平均値は、この受験生の全体平均を上回ってはいます。

【国立大学の2020年入試における一般入試募集人数】(前期後期合計)
▲:センターボーダー得点率加重平均値が国立大学全体の同加重平均値より高い大学
▽:センターボーダー得点率加重平均値が国立大学全体の同加重平均値より低い大学
1位:▲東京大学(2,960人)
2位:▲大阪大学(2,878人)
3位:▲京都大学(2,665人)
4位:▲北海道大学(2,416人)
5位:▲九州大学(2,336人)
6位:▲神戸大学(2,311人)
7位:▲千葉大学(2,084人)
8位:▲広島大学(2,015人)
9位:▲東北大学(1,761人)
10位:▲名古屋大学(1,739人)
11位:▲岡山大学(1,674人)
12位:▽信州大学(1,673人)
13位:▽新潟大学(1,667人)
14位:▲金沢大学(1,571人)
15位:▽静岡大学(1,525人)
16位:▽鹿児島大学(1,522人)
17位:▽山口大学(1,506人)
18位:▲筑波大学(1,457人)
19位:▽富山大学(1,429人)
20位:▽埼玉大学(1,369人)
21位:▲横浜国立大学(1,366人)
22位:▽熊本大学(1,323人)
23位:▽愛媛大学(1,315人)
24位:▽茨城大学(1,313人)
25位:▽長崎大学(1,269人)
26位:▽琉球大学(1,227人)
27位:▽山形大学(1,192人)
28位:▽三重大学(1,091人)
29位:▽岐阜大学(1,002人)
30位:▽弘前大学(985人)
31位:▽佐賀大学(935人)
31位:▲東京工業大学(935人)
33位:▽鳥取大学(917人)
34位:▽北海道教育大学(916人)
35位:▽徳島大学(904人)
36位:▲一橋大学(885人)
37位:▽東京学芸大学(884人)
38位:▽島根大学(874人)
39位:▽香川大学(848人)
40位:▽宮崎大学(835人)
41位:▽大分大学(824人)
42位:▲名古屋工業大学(811人)
43位:▽岩手大学(796人)
44位:▽群馬大学(758人)
45位:▽和歌山大学(748人)
46位:▲東京農工大学(732人)
47位:▽大阪教育大学(715人)
48位:▽宇都宮大学(712人)
48位:▽福井大学(712人)
50位:▽九州工業大学(711人)
51位:▽愛知教育大学(707人)
51位:▽高知大学(707人)
53位:▽福島大学(678人)
54位:▽山梨大学(655人)
55位:▽秋田大学(654人)
56位:▲東京外国語大学(632人)
57位:▲電気通信大学(620人)
58位:▽滋賀大学(604人)
59位:▲京都工芸繊維大学(503人)
60位:▽東京藝術大学(471人)
61位:▽福岡教育大学(464人)
62位:▲奈良女子大学(415人)
63位:▽小樽商科大学(390人)
64位:▲お茶の水女子大学(379人)
65位:▲東京海洋大学(374人)
66位:▽室蘭工業大学(369人)
67位:▽北見工業大学(307人)
68位:▽宮城教育大学(281人)
69位:▲東京医科歯科大学(229人)
70位:▽奈良教育大学(215人)
71位:▽京都教育大学(197人)
72位:▽帯広畜産大学(195人)
73位:▲浜松医科大学(130人)
74位:▲滋賀医科大学(110人)
74位:▽兵庫教育大学(110人)
74位:▽上越教育大学(110人)
77位:▲旭川医科大学(98人)
78位:▽鹿屋体育大学(85人)
79位:▽鳴門教育大学(83人)
80位:▽長岡技術科学大学(50人)
81位:▽豊橋技術科学大学(45人)
82位:▽筑波技術大学(38人)
資料)河合塾HP『Kei-Net 大学検索システム』(2019/12/15閲覧)より作成。

 さて、それでは1%刻みで表示されてるこの河合塾のセンターボーダー得点率について、%ごとの募集人数をみると下図のとおりとなります。これでみると国立平均が73.9%というのが感覚的にわかりますね。ただ、いわゆる正規分布だと平均あたりにピークが来る構造なのですが、この得点率では80%と70%に人数のピークがある双極構造になっていて、平均はその谷間に当たる感じになっています。
kawai-center-border2019RankAll.png

 上記の得点率分布を5%刻みの得点率帯にして構成比をみると下図のようになります。これをみると、国立大学の募集人数の約1/3(33.1%)が得点率80%が必要ということになります。で、その下の得点率75~79%は80~84%に比べて低い割合=薄くなっています。つまり、上位の80%を狙っていた層が、試験結果70%台だったがために志望を落とすと、点数的には楽勝のはずが実は枠が狭いために思わぬ激しい競争に巻き込まれるってことになりまねません。下の受け皿は厚くはないのです。同時に、センター70%台狙いで見事目標クリアしても、80%目標者がランクダウンしてくる、特に今年は来年の入試が見えないだけに安全志向で志望を下げてくると、二次もまあまあだったのに思わず押し出されてしまう事態が起きかねません。全体の数字からそういう解釈も可能なのですが、まぁ実際には学部系列とかに分けて整理しないと何とも言えないんですがね。
kawai-CenterBorder-Rate2020All.png

 なお、上述のセンターボーダー得点率の集計を前期だけに絞った集計結果を以下の示します。ただ、前期だけとはいっても、もはや国立大学の一般入試募集人数の中では8割超が前期となっているため、全体の傾向とはそう大きな差はありませんがね。
kokuritsu-zengo2020.png

kawai-center-zengo-rate2020.png


【2020年入試に向けた国立大学一般入試のセンターボーダー得点率の募集人数加重平均値】(前期のみ集計)
1位:東京大学(90.9%)
2位:京都大学(87.1%)
3位:一橋大学(86.8%)
4位:東京外国語大学(84.6%)
5位:東京工業大学(83.9%)
6位:東京医科歯科大学(83.0%)
7位:大阪大学(82.0%)
8位:名古屋大学(81.4%)
9位:筑波大学(80.7%)
10位:東北大学(80.7%)
11位:北海道大学(80.4%)
12位:お茶の水女子大学(80.3%)
13位:神戸大学(80.3%)
14位:滋賀医科大学(79.6%)
15位:九州大学(79.5%)
16位:浜松医科大学(79.4%)
17位:横浜国立大学(78.8%)
18位:東京農工大学(77.7%)
19位:旭川医科大学(76.0%)
20位:千葉大学(75.7%)
21位:名古屋工業大学(74.4%)
22位:京都工芸繊維大学(74.3%)
23位:広島大学(74.3%)
24位:電気通信大学(74.0%)
25位:金沢大学(73.7%)
26位:岡山大学(73.7%)
---国立大学前期平均(73.5%)---
27位:東京海洋大学(73.4%)
28位:東京学芸大学(73.0%)
29位:奈良女子大学(73.0%)
30位:埼玉大学(72.1%)
31位:信州大学(71.9%)
32位:熊本大学(70.9%)
33位:滋賀大学(70.5%)
34位:大阪教育大学(70.3%)
35位:岐阜大学(69.9%)
36位:新潟大学(69.7%)
37位:小樽商科大学(69.5%)
38位:静岡大学(69.5%)
39位:三重大学(69.2%)
40位:九州工業大学(68.8%)
41位:京都教育大学(68.6%)
42位:鹿屋体育大学(68.4%)
43位:長崎大学(67.8%)
44位:香川大学(67.7%)
45位:山口大学(66.7%)
46位:愛知教育大学(66.7%)
47位:富山大学(66.6%)
48位:群馬大学(66.4%)
49位:和歌山大学(66.3%)
50位:茨城大学(66.3%)
51位:東京藝術大学(65.8%)
52位:高知大学(65.8%)
53位:奈良教育大学(65.5%)
54位:徳島大学(65.4%)
55位:佐賀大学(65.4%)
56位:宇都宮大学(65.3%)
57位:鳥取大学(65.3%)
58位:愛媛大学(65.0%)
59位:福井大学(65.0%)
60位:兵庫教育大学(65.0%)
61位:鹿児島大学(64.7%)
62位:宮城教育大学(64.6%)
63位:帯広畜産大学(64.3%)
64位:島根大学(64.2%)
65位:岩手大学(64.2%)
66位:山梨大学(64.0%)
67位:豊橋技術科学大学(64.0%)
68位:弘前大学(63.7%)
69位:福岡教育大学(63.3%)
70位:山形大学(63.3%)
71位:大分大学(63.2%)
72位:琉球大学(62.9%)
73位:秋田大学(62.5%)
74位:上越教育大学(62.0%)
75位:宮崎大学(61.9%)
76位:福島大学(61.9%)
77位:北海道教育大学(61.8%)
78位:鳴門教育大学(61.4%)
79位:長岡技術科学大学(60.0%)
80位:北見工業大学(53.5%)
81位:室蘭工業大学(52.2%)
82位:筑波技術大学(40.6%)
資料)河合塾HP『Kei-Net 大学検索システム』(2019/12/15閲覧)の各学部学科・各日程・各試験種ごとのボーダー得点率をそれぞれの募集人員で各大学ごとに加重平均した値。
kawai-center-border2019UnivMae.png

kawai-center-border2019RankMae.png

kawai-CenterBorder-Rate2020Mae.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

この記事へのコメント

躁介
2019年12月29日 07:20
数年前からいつも拝見させて頂いております。
ボリュームやスケールの大きさに毎度圧倒されています。
どういう方が作成されているのか?知りたいですが、
プロフィールが謎ですね。
今後も宜しくお願いします。