数字作ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 二次配点率からみた国公立大学順位(1)

<<   作成日時 : 2016/01/31 18:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 0

 今年度のセンター試験も終わり、国公立志望の受験生は二次の準備に追われている頃でしょうね。滑り止めの私大入試も2月になると佳境でしょうか。

 さて、国公立大学の現在の入試では、共通テストのセンター試験と各大学での個別テストの二次試験があります。多くの大学ではこれらを合算した点数で合否判定を行います。
 そこで今回は、今年の各国公立大学の二次の配点率を算出してみました。
 算出方法は、各大学・学部・学科の各試験種ごとに「二次試験配点÷(センター試験配点+二次試験配点)」の二次配点率をもとめ、それを各大学・学部・学科の各試験種ごとの募集人数で加重平均して大学全体の値としています(夜間・二部は対象外としました)
 単純に言えば、二次配点率が小さいとセンター試験の結果が大きく合否を決めて、二次での逆転が難しい大学となります。逆に二次配点率が大きいとセンターで少々失敗しても二次で挽回できるチャンスの大きい大学といえます(足切りにあってしまう場合もありますが…)
 さて、算出結果をみていくと、我が国最難関とされる東京大学は、各学類ともセンター試験は5教科900点満点ですが、合算にあたってはこの900点を110点に圧縮し、二次試験の440点と合わせての合否判定となります。したがって440÷(110+440)で、二次配点率が80%となります。東大のこれが一番二次配点率が高いかな、って思うと、それよりも上に2大学ありました。
 二次配点率の高さ1位は、東京工業大学です。東工大の場合、前期の1〜7類までの試験すべてで二次配点率が100%となっています。だからといってセンターは不問というわけではなく、センター試験を950点満点中600点(63.2%)以上取れないと二次には進めないという足切りとして利用されています(同様なセンター試験の使い方は長崎大学水産学部の前期でも行われています)。なお、後期にある7類の二次は合算方式のため、東工大全体の加重平均では100%とはなっていません。
 2位は公立のSGU-Bにも選ばれている会津大学。コンピュータ理工学部のみの単科大学です。センター試験では理科の100点のみを課していて、二次で英語・数学の450点を課しています。一般的な難易度は高くなく、足切りも行われないようなので、二次逆転の可能性は大きいでしょうね。
 会津大学を除けば、1〜5位は東大、京大、一橋、東工と、いわゆる「東京一工」といわれる難関大学が占めています。センター試験は当然点数をとった上で、さらに二次の試験が本番というところですね。
 センター試験では数Vは問われていません。そういう面もあってか、上記会津大学をはじめ、理系を中心にセンター以外の個別試験に重きを置いている大学が少なくありません。7位の名古屋工業大学や16位の電気通信大学、20位の京都工芸繊維大学、システム情報科学部のみの単科大学である21位の公立はこだて未来大学など、理工系の大学が二次配点率の高い大学となっています。理系の受験生がセンターで一息、とはなかなかいかないわけです。
 ちなみに、8位の筑波技術大学については、視覚障害・聴覚障害の方のための大学で、センター試験以外の諸要素も加味する必要からの二次配点の高さかとみられます。
 
 他方で二次配点率の高さで特徴的なのが、6位の愛知県立芸術大学、9位の沖縄県立芸術大学、10位の金沢美術工芸大学、13位の京都市立芸術大学、19位の秋田公立美術大学といった芸術系の公立大学です。これでの専攻では実技が重視され、センターの学科試験の点数よりも実技の点数のウエイトが高くなっています(なお、国立の東京藝術大学は多くの専攻で個別試験の配点を公表しておらず、下記の計算では配点が明示されている芸術学、楽理学、音楽環境創造学の各専攻のみで計算しています)

【国公立大学の二次配点率順位】(2016年冬季入試)
( )内は二次配点率=二次配点÷(センター配点+二次配点)

1位:東京工業大学(97.9%)
2位:会津大学(81.8%)
3位:東京大学(80.0%)
4位:一橋大学(77.4%)
5位:京都大学(74.1%)
6位:愛知県立芸術大学(72.4%)
7位:名古屋工業大学(72.0%)
8位:筑波技術大学(68.9%)
9位:沖縄県立芸術大学(67.2%)
10位:金沢美術工芸大学(65.7%)
11位:大阪大学(64.5%)
12位:東北大学(63.9%)
13位:京都市立芸術大学(63.6%)
14位:名古屋大学(62.7%)
15位:九州大学(58.3%)
16位:電気通信大学(56.7%)
17位:北海道大学(56.6%)
18位:千葉大学(56.4%)
19位:秋田公立美術大学(55.3%)
20位:京都工芸繊維大学(53.8%)
21位:公立はこだて未来大学(52.7%)
22位:筑波大学(52.7%)
23位:東京医科歯科大学(51.4%)
24位:奈良県立医科大学(51.0%)
25位:高崎経済大学(50.2%)
26位:岐阜大学(49.9%)
27位:大阪府立大学(49.4%)
28位:広島大学(48.6%)
29位:奈良県立大学(48.4%)
30位:お茶の水女子大学(48.3%)
31位:神戸大学(48.0%)
32位:大阪市立大学(47.2%)
33位:金沢大学(46.6%)
34位:名古屋市立大学(45.9%)
35位:長岡造形大学(45.7%)
36位:広島市立大学(45.4%)
37位:福島県立医科大学(45.2%)
38位:京都府立医科大学(45.1%)
39位:横浜国立大学(44.8%)
40位:熊本大学(44.2%)
41位:東京外国語大学(44.2%)
42位:首都大学東京(43.9%)
43位:滋賀大学(43.8%)
44位:和歌山県立医科大学(42.8%)
45位:九州工業大学(42.4%)
46位:東京藝術大学(42.2%)
47位:滋賀医科大学(42.0%)
48位:東京農工大学(41.5%)
49位:国際教養大学(41.3%)
50位:京都府立大学(40.9%)
51位:旭川医科大学(40.7%)
52位:岡山大学(40.5%)
53位:九州歯科大学(40.0%)
54位:愛知県立大学(40.0%)
55位:長崎大学(39.9%)
56位:奈良女子大学(39.4%)
57位:弘前大学(39.1%)
58位:兵庫県立大学(39.1%)
59位:新潟大学(38.7%)
60位:三重大学(38.7%)
61位:和歌山大学(38.2%)
62位:横浜市立大学(38.1%)
63位:浜松医科大学(37.1%)
64位:福井県立大学(37.1%)
65位:秋田県立大学(36.8%)
66位:岩手県立大学(36.8%)
67位:富山大学(36.6%)
68位:滋賀県立大学(36.6%)
69位:徳島大学(36.1%)
70位:鹿児島大学(35.4%)
71位:岩手大学(35.2%)
72位:尾道市立大学(35.0%)
73位:静岡文化芸術大学(34.9%)
74位:東京海洋大学(34.6%)
75位:岐阜薬科大学(34.5%)
76位:札幌医科大学(34.4%)
77位:信州大学(34.4%)
78位:愛媛大学(34.2%)
79位:静岡大学(34.1%)
80位:福井大学(33.9%)
81位:岡山県立大学(33.9%)
82位:北九州市立大学(33.8%)
83位:東京学芸大学(33.6%)
84位:愛知教育大学(33.5%)
85位:静岡県立大学(33.3%)
86位:富山県立大学(33.2%)
87位:山梨大学(33.1%)
88位:釧路公立大学(32.9%)
89位:佐賀大学(32.8%)
90位:埼玉大学(32.7%)
91位:福岡女子大学(32.6%)
92位:熊本県立大学(32.5%)
93位:大阪教育大学(32.2%)
94位:群馬大学(31.9%)
95位:宮城大学(31.4%)
96位:千葉県立保健医療大学(31.3%)
97位:秋田大学(31.1%)
98位:高知工科大学(31.0%)
99位:青森公立大学(31.0%)
100位:大分大学(30.8%)
101位:茨城県立医療大学(30.8%)
102位:北海道教育大学(30.7%)
103位:宮城教育大学(30.7%)
104位:奈良教育大学(30.7%)
105位:島根県立大学(30.6%)
106位:高知県立大学(30.5%)
107位:帯広畜産大学(30.1%)
108位:京都教育大学(30.1%)
109位:下関市立大学(29.8%)
110位:神戸市外国語大学(29.6%)
111位:兵庫教育大学(29.5%)
112位:宮崎大学(29.4%)
113位:新潟県立大学(29.2%)
114位:神奈川県立保健福祉大学(29.2%)
115位:島根大学(28.9%)
116位:山形大学(28.8%)
117位:鳥取大学(28.7%)
118位:大分県立看護科学大学(28.6%)
119位:山形県立保健医療大学(28.5%)
120位:愛媛県立医療技術大学(28.2%)
121位:福岡教育大学(27.8%)
122位:鹿屋体育大学(27.7%)
123位:宇都宮大学(27.5%)
124位:山口大学(27.4%)
125位:琉球大学(27.4%)
126位:高知大学(27.3%)
127位:県立広島大学(27.3%)
128位:長岡技術科学大学(27.3%)
129位:福島大学(27.2%)
130位:小樽商科大学(27.0%)
131位:福岡県立大学(25.0%)
131位:宮崎公立大学(25.0%)
133位:都留文科大学(24.9%)
134位:石川県立看護大学(24.2%)
135位:福山市立大学(23.5%)
136位:山口県立大学(23.4%)
137位:鳴門教育大学(23.2%)
138位:山形県立米沢栄養大学(23.1%)
139位:岐阜県立看護大学(23.1%)
140位:敦賀市立看護大学(23.0%)
141位:前橋工科大学(22.9%)
142位:北見工業大学(22.3%)
143位:群馬県立女子大学(22.2%)
144位:三重県立看護大学(22.0%)
145位:豊橋技術科学大学(21.4%)
146位:名寄市立大学(21.3%)
147位:公立鳥取環境大学(21.2%)
148位:山梨県立大学(21.1%)
149位:宮崎県立看護大学(20.6%)
150位:神戸市看護大学(20.4%)
151位:長崎県立大学(20.4%)
152位:青森県立保健大学(20.1%)
153位:石川県立大学(20.0%)
154位:香川大学(19.3%)
155位:札幌市立大学(19.1%)
156位:新潟県立看護大学(19.0%)
157位:茨城大学(18.6%)
158位:室蘭工業大学(18.5%)
159位:埼玉県立大学(18.1%)
160位:名桜大学(16.4%)
161位:群馬県立県民健康科学大学(15.4%)
162位:長野県看護大学(13.2%)
163位:新見公立大学(12.5%)
164位:上越教育大学(11.7%)
165位:沖縄県立看護大学(10.0%)
166位:香川県立保健医療大学(8.1%)

注)夜間・二部は除く、東京藝術大学は芸術学、楽理学、音楽環境創造学の各専攻のみで算出

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
二次配点率からみた国公立大学順位(2)実技を課す試験を除く
 前回にて触れましたとおり、芸術などの実技系の試験を課す大学において二次配点率が高いところがある事に触れました。  その技能をもって大学に進むわけですから、センターよりも実技が重視されるのは当然の話であります。  ただ、それらの分野は一般的な学科試験とはかなり異なるではあり、同一評価はしづらい面があります。そこで、音楽・美術・デザイン・体育・スポーツなど、実技を課す試験種を対象外として二次配点率を算出し直してみました(実技が選択の場合は募集人数を按分)。なお、教育学部の芸術・体育などの... ...続きを見る
数字作ってみた
2016/01/31 20:54
2017年版の赤本の発行予定の状況
 大学受験の過去問集として有名な教学社の「赤本」。  1954年に京都大学、神戸大学、大阪市立大学、同志社大学、立命館大学のを創刊してから、既に60年以上の歴史となっています。我が国を大学入試アイテムの一つと言って間違いないでしょう。  つい先日、入試シーズンが終わったばかりと思っていましたが、既に次の2017年入試向けの赤本の出版予定が同社から公表されています。  画像は教学社HPより ...続きを見る
数字作ってみた
2016/04/24 22:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
二次配点率からみた国公立大学順位(1) 数字作ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる