テーマ:研究

国内外の共同研究拠点等となる大学付属研究機関(2019年4月現在)

 各大学には、大学が力を入れる分野に対する専門の付属研究機関があるところがあります。  同時にそのような機関は当該分野における国内外の研究拠点ともなるわけですが、文部科学省ではその中の有力な拠点について、研究拠点整備そして共同研究拠点としてのセンター化を進めています。  そこで、各大学に文科省の推進する研究拠点があるのかをみてみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年度 大学等における産学連携等実施状況〔共同研究・受託研究・知財収入合計〕

 文部科学省より『平成29年度 大学等における産学連携等実施状況について』が発表されました。この発表のうち、機関別データのある共同研究受入額、受託研究受入額、知的財産権等収入を合計した値で大学のランキングを示すと以下のとおりとなります。  結果としては、東京大学が圧倒的に多く455億円に上っており、2位の京都大学の308億円に大きく差…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2015年度大学における産学連携等実施状況(共同研究受入額+受託研究受入額(民間のみ))

 先に示した文科省『平成27年度 大学等における産学連携等実施状況について』からの数値をもとに、共同研究受入額と受託研究受入額のともに民間のみ分の合計値で順位をつけてみました。  これをみると、傾向的には理工系が強い大学が上位に来ている傾向がみられます。特に、山形大学が神戸大学や広島大学などを抑えて12位に位置するあたりが特徴的です。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2015年度大学における産学連携等実施状況(共同研究受入額+受託研究受入額+特許権実施等収入)

 2015年度の文部科学省による『大学等における産学連携等実施状況について』をもとに、大学に限っての共同研究受入額・受託研究受入額・特許権実施等収入の合計額の基づく順位を算出してみました(詳細な抽出した数値は末尾の表を参照)。  やはり、東大がトップで、次いで京大となっています。どちらかというと医学関係の強い大学が、公的な受託研究の受…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2014年度 大学における共同研究費・受託研究費の受入額 (2)民間分

 先に示した2014年度の大学における共同研究と受託研究の受入額のうち、対民間分のみを示すと以下のとおりです。  トップはやはり東大で約52億円分の研究の受け入れを行っています。  上位10までを旧帝大と東工大、そして早慶で占めていますが、第11位には、旧官立大などを抜いて、山形大がランクインしていることが特徴といえるでしょう。なお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年度 大学における共同研究費・受託研究費の受入額 (1)官民合計

 以前に2009~2013年度の5ヵ年平均で示しました大学における共同研究と受託研究の受入額総額の順位について、2014年版のランキングを作りました。  前に特許権実施等収入を含むものを示していますが、特許権実施等収入はそれほど大きな額ではないため、それを除いた順位も大きくは変わりません。 【共同研究受入額(全体)+受託研究受入…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2014年度 大学における産学連携等実施状況

 文部科学省から「平成26年度 大学等における産学連携等実施状況について」が昨年末に発表され、各大学における民間等からの共同研究や受託研究の受入額、特許権実施等収入額などが開示されています。  そこで、これらをもとに、国内大学(大学院大学を含む)をランキングしてみました。  まずは共同研究受入額、受託研究受入額、特許権実施等収入の合…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

著者の所属大学別論文数(補足)

さて、先に示した2010年~2015年3月までの論文本数ランキングなのですが、いくつか課題があります。 (1)抽出上の正確性 ・名称の併呑関係  今回和名の文字列として検索したのですが、「○○大学」というのを検索した際に「××○○大学」というのを含んでしまいます。  例えば、「東京理科大学」と検索した場合には「山口東京理科大…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

科研費と共同研究費・受託研究費の相関 (2)民間

 先に示した官民合計での共同研究費+受託研究費と科研費との相関に続き、ここでは民間との共同研究費及び民間からの受託研究費と科研費との相関について見てみます。  先と同様に、原点を通る線形回帰直線で相関をみると、決定係数(R2)が0.9059、つまり相関係数(R)が0.9518となり、官民合計の場合ほどではないにしても、やはり科研費配分…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

科研費と共同研究費・受託研究費の相関 (1)官民合計

 前に示した共同研究費・受託研究費と科研費との金額ベースでの相関を見てみます。それぞれ2009年度~2013年度の5ヵ年の年平均額で、科研費(科学研究費補助事業)配分額の元データは「科学研究費補助金 配分結果」、共同研究費+受託研究費の受入額の合計値は「産学官連携の実績」というそれぞれ文部科学省による各年度の公式発表資料から作成していま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大学における共同研究費・受託研究費の受入額 (2)民間 共同研究費+受託研究費の合計

 先の官民合計のうち、企業などの民間からの受入額です。 (執筆中) 【共同研究費+受託研究費】大学別民間からの年平均受入額(2009年度~2013年度)順位 ( )内単位:百万円/年、凡例=●:国立、▲:公立、私立は無印 1位:●東京大学(4,286) 2位:●京都大学(3,987) 3位:●大阪大学(2,769…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

大学における共同研究費・受託研究費の受入額 (1)官民合計 共同研究費+受託研究費の合計

 これまで補助金である科研費(科学研究費補助事業)の獲得本数についてみてきましたが、ここでは補助金でなく、共同研究費や受託研究費について全学ベースの受入額をみたいと思います。  私の個人的な思いとしては、産官学連携というのは、先の治験データ改竄事件のように、大学の中立性や公共性を失わせることになりはしないかと危惧するのですが、しかし、…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

科研費獲得量からみる各研究分野の主要大学 (1)全体集計

(2015/2/8『科研費データベース』の追加公開等に伴いデータ更新) 1.科研費とは  大学での各研究者の研究資金は、大学から支給される研究費以外に、大学外から得る資金などもあります。  大学経営が厳しくなる中で、その大学外からの資金、特にいわゆる「競争的資金」というのものが重要視されています。  その中でも文部科学省関連の「…
トラックバック:103
コメント:0

続きを読むread more