テーマ:地域

各都道府県内高校からの国立大学進学者における各大学への進学者数順位③

 前々回の旧帝大・旧官立大、前回の総合・複合の新制地方国立大学に続き、新制の単科大学などについても各県からの国立大学進学者数順位を大学別に図示すると以下のようになります。  単科の場合、入学定員が総合・複合の大学よりも少なくなることから、このような順位付けで上位になることは少ないです。ただ、北海道については道内の広さと地理的隔離の関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各都道府県内高校からの国立大学進学者における各大学への進学者数順位②

 前回の旧帝大・旧官立大に続いて、「同一地域にある官立学校はこれを合併して一大学とし、一府県一大学の実現を図る」(学制百年史)ために戦後発足した地方の国立新制大学(駅弁大学と揶揄される大学群)について、各県からの国立大学進学者数順位を大学別に図示すると以下のようになります。  旧帝大や旧官立大に比べ、学部数が少なく定員規模の小さな大学…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

各都道府県内高校からの国立大学進学者における各大学への進学者数順位①

 大学院大学を除く国立82大学について、2012~2016年度の出身高校の所在都道府県別の年平均入学者数を独立行政法人大学改革支援・学位授与機構『大学基本情報』より(データの欠損部分については、文部科学省『学校基本調査』より可能な限り補完)算出すると、下表のとおりとなります。  上記の値をもとに、各県において進学者数の多い順に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

奨学金「返済困窮率」の内訳

 先に示しました返済困難者について、一般猶予者・減額返還者・3ヶ月以上の延滞者(長期延滞者)の間でダブルカウントの恐れがあるのでは、とコメントしていましたが、電話で日本学生支援機構に問い合わせましたところ、ダブルカウントにはしていないという回答を得ました。  そこで、返済困窮率などの内訳について算出してみました。 (執筆中) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域別日本学生支援機構奨学金「返済困窮率」

 先に各大学の返済困窮者数・返済困窮率について示しましたが、ここでは、各大学のメインキャンパス所在地基準で地域的な差異を見てみたいと思います。  なお、通信制課程については、空間的に自由なものですから、この集計の対象から除きたいものの、併設の大学についてはそれを区分することができないため、通信制専門の大学のみを集計の対象から外していま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立大学再編へ3類型の設定(国立大学法人運営費交付金における3つの重点支援枠)

 平成28年度の予算編成に向けて、文部科学省高等教育局から概算要求が出されました。  http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2015/08/27/1361291_1.pdf  この中で、『「大学力」向上のための大学改革の推進等』の一環とし…
トラックバック:7
コメント:1

続きを読むread more

学生数の東西比較

 文部科学省の学校基本調査によりますと、2014年5月時点における大学数(短期大学・通信制大学を除き、大学院大学を含む)は781大学だそうです。これに学位取得できる省立大学校を加えると全国で788大学となります。  日本を東西に分けるのに、親不知-中央アルプス-浜名湖のラインあたりを境界と見立て、富山県・岐阜県・愛知県以西を西日本、新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科研費獲得量からみる各研究分野の主要大学 (3)分野・分科別集計 ③総合人社 b.地域研究

(2015/2/8データ更新) <前回の総合人文社会分野全体からの続き> 2.総合人文社会分野の各分科における大学別年平均本数  1)地域研究  (執筆中) 【地域研究】大学別科研費研究案件年平均本数(2010年度~2014年度内新規及び継続計)順位 ( )内単位:本/年、凡例=●:国立、▲:公立、◆:省立、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「就職力の高い・低い大学」の地域構成って?

<前回の続き> 3)地域内構成を作ってみた  前回作った就職力の区分ごとの在籍学生数を大学の所在地別に積み上げてみたのが、下の図3です。  一見して分かるとおり、首都圏での学生数が突出して多いです。無敵、優良、有利としたいずれも首都圏の数が突出しています。  そりゃまぁ、国立大学で無敵としたところが13大学中5大学(東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more