各都道府県内高校からの国立大学進学者における各大学への進学者数順位②

 前回の旧帝大・旧官立大に続いて、「同一地域にある官立学校はこれを合併して一大学とし、一府県一大学の実現を図る」(学制百年史)ために戦後発足した地方の国立新制大学駅弁大学と揶揄される大学群)について、各県からの国立大学進学者数順位を大学別に図示すると以下のようになります。
 旧帝大や旧官立大に比べ、学部数が少なく定員規模の小さな大学も多いため、影響ある圏域の範囲は旧帝大・旧官立大よりも狭い印象はあります。
 ただ、首都圏にある横浜国立大学や埼玉大学は全国広くから主要な進学先とされ、埼玉大は東北地方からが目立ち、横国大は西日本でも一定の進学者数順位となっているのが特徴かと思います。
 それら以外の地方国立大学でも、確かに自県内ではトップの進学先ですけど、隣接県やそれ以遠の県からも主要な進学先となっている場合も少なくありません。国では地域貢献型とされた国立大学が立地県のための大学のように誘導しているふしがありますが、実態としては地元の学生で占められているわけでもなく、実態は地元県からの入学者数が圧倒的でない大学も多く、都市部から地方への若年人口の還流を促しているいる面があります。東京23区内の私立大学の立地抑制をして地方の私立大学に誘導するような施策も行われるようですが、まずは既に還流機能のある地方国立大学こそ機能強化していくことこそ有効なのではないでしょうか。研究予算も出せないような事態になってはだめなのです。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック