QS Asia University Rankings 2018

 Quacquarelli Symondsより、最新のアジア大学ランキングが発表されていましたので、日本の大学の順位を掲載しておきます。400位までの発表で、日本からは77大学が入りました。
 内訳は国立41大学、公立6大学、私立30大学です。国立は旧帝大・旧官立大の18大学が全てランクインした他、私立は早慶上理ICU、GMARCH、関関同立、四工大に、理系での評価も高い日大・近大・東海などが名を連ね、国内の有名大学が揃い踏みになっている感があります。
 ただ、ランクインした数はそこそこ多いのですが、日本トップの東大でさえベスト10に入らないんですね。確かに大学ランキングの英語圏への偏りなどの視点の差はありますけど、例えどういう評価の切り口であっても、日本の上位大学がアジア上位に入ってしかるべきでしょうね。評価者の問題よりも、現状の日本の大学や研究環境等に何らかの問題があると考えるべき事態かと思います。

QS Asia University Rankings 2018
●国立大学、▲公立大学、○私立大学
日本国内順位(アジア順位):大学名

1位(13位):●東京大学

2位(14位):●東京工業大学

3位(15位):●大阪大学

4位(17位):●京都大学

5位(20位):●東北大学

6位(27位):●名古屋大学

7位(29位):●九州大学

8位(31位):●北海道大学

9位(36位):○慶應義塾大学

10位(39位):○早稲田大学

11位(40位):●筑波大学

12位(60位):●神戸大学

13位(67位):●一橋大学

14位(68位):●広島大学

15位(85位):●東京医科歯科大学

16位(98位):●千葉大学

17位(116位):●東京農工大学

18位(119位):○上智大学

19位(120位):●岡山大学

20位(122位):●金沢大学

21位(123位):○東京理科大学

22位(135位):●熊本大学

23位(137位):▲大阪市立大学

24位(140位):○国際基督教大学、▲大阪府立大学

26位(143位):●横浜国立大学

27位(148位):▲首都大学東京

28位(150位):●長崎大学

29位(161位):●徳島大学

30位(168位):●新潟大学

31位(170位):○立命館大学

32位(175位):●九州工業大学

33位(183位):●京都工芸繊維大学

34位(190位):▲横浜市立大学

35位(194位):○同志社大学

36位(202位):●鹿児島大学

37位(204位):●山口大学

38位(210位):●岐阜大学

39位(212位):▲秋田県立大学

40位(214位):●宮崎大学

41位(223位):○立教大学

42位(226位):●埼玉大学

43位(236位):○東海大学

44位(240位):○明治大学

45位(247位):○近畿大学

46位(251-260位):●群馬大学、●島根大学

48位(261-270位):●信州大学、●静岡大学

50位(271-280位):○豊田工業大学、●山形大学

52位(281-290位):●秋田大学、○青山学院大学、○学習院大学

55位(291-300位):○立命館アジア太平洋大学

56位(301-350位):○北里大学、●三重大学、○中央大学、●お茶の水女子大学、○関西学院大学、○日本大学、●佐賀大学、●弘前大学、○関西大学

65位(351-400位):○東京都市大学、○同志社女子大学、○法政大学、●岩手大学、○日本女子大学、●奈良女子大学、○京都産業大学、○芝浦工業大学、○東洋大学、▲公立はこだて未来大学、○崇城大学、○工学院大学、○東京電機大学

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック