アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「入試」のブログ記事

みんなの「入試」ブログ

タイトル 日 時
2017年大学入試センター試験 国公立大学のB判定平均得点率
2017/1/25 算出方法変更により、数値・順位を訂正 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/23 03:02
大学入学者の非一般入試入学者数 (2015年度入学者)
 前に示した一般入試入学者率について、実数の差で示したのが非一般入試入学者数です。 非一般入試入学者数=全試験種入学者数−一般入試(センター利用を含む)入学者数  そもそもの入学者数が圧倒的に多い日大が、一般入試入学者率47.3%と半数を切ることもあり、ここでもトップとなっています。同様に東海、近大なども上位となっています。  そして、それら3大学に続いて早大も多数の非一般入試入学者数となっており、慶応も7位に入っています。  また、関関同立4大学がトップ10に揃っており、MARCHより... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/04 03:03
大学入学者の一般入試入学者率 (2015年度入学者)
大学入学者の一般入試入学者率 (2015年度入学者)  前回の歩留率と同様に、2015年度版の一般入試入学者率です。 定義は 一般入試入学者率(%)=一般入試(センター利用を含む)入学者数÷全試験種入学者数×100 のとなります。  ここでのデータも、螢雪時代編集部『2016年度用 大学の真の実力 情報公開BOOK』旺文社(2015年9月)を基本としながら、不足や疑義のある部分を読売新聞教育ネットワーク事務局『大学の実力 2016』中央公論新社(2015年9月)、アエラムック教育編集部『大学ランキング 2017年版』朝日新聞出版(2016年... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

2016/07/04 02:34
青短が赤本から消えた日
青短が赤本から消えた日  前回、新年度の発売内容を見た教学社の赤本ですが、いくつかの大学では系列の短期大学のも合本されて販売されます。  2017年度は以下の29の短大の赤本が合本されて出される予定です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/30 10:32
2017年版の赤本の発行予定の状況
2017年版の赤本の発行予定の状況  大学受験の過去問集として有名な教学社の「赤本」。  1954年に京都大学、神戸大学、大阪市立大学、同志社大学、立命館大学のを創刊してから、既に60年以上の歴史となっています。我が国を代表する大学入試アイテムの一つと言って間違いないでしょう。  つい先日、入試シーズンが終わったばかりと思っていましたが、既に次の2017年入試向けの赤本の出版予定が同社から公表されています。  画像は教学社WebSiteより ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/24 22:29
二次配点率からみた国公立大学順位(4)理系
 前回に続き理系の集計です。  前回同様、文理の大雑把な区分けは以下のとおりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/03 04:01
二次配点率からみた国公立大学順位(3)文系
 前回、国公立各大学の全体(実技試験を除く)でのセンター:二次試験における二次配点率をみてみました。  ここでは、それを各学部・学科・試験種に応じて文系・理系に分けて集計してみました。文理別は以下の分野ととしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/03 03:49
(参考)河合塾による2016年センター試験のボーダー得点率の加重平均値(国公立)
 前回、プロット図で使いました河合塾発表の今年のセンター試験の各試験種ごとのボーダー得点率(合格可能性が50%と予想されるセンター試験の得点率)を大学ごとに募集人数で加重平均した値を参考までに載せておきます。  センターで課せられてる教科・科目の種類や数、配点などを無視しつつの平均ですから、いろいろ悩ましい数値ですが、大雑把な参考程度に考えて頂ければと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/31 21:17
二次配点率からみた国公立大学順位(2)実技を課す試験を除く
二次配点率からみた国公立大学順位(2)実技を課す試験を除く  前回にて触れましたとおり、芸術などの実技系の試験を課す大学において二次配点率が高いところがある事に触れました。  その技能をもって大学に進むわけですから、センターよりも実技が重視されるのは当然の話であります。  ただ、それらの分野は一般的な学科試験とはかなり異なるではあり、同一評価はしづらい面があります。そこで、音楽・美術・デザイン・体育・スポーツなど、実技を課す試験種を対象外として二次配点率を算出し直してみました(実技が選択の場合は募集人数を按分)。なお、教育学部の芸術・体育などの教員養... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/01/31 20:54
二次配点率からみた国公立大学順位(1)
 今年度のセンター試験も終わり、国公立志望の受験生は二次の準備に追われている頃でしょうね。滑り止めの私大入試も2月になると佳境でしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/01/31 18:05
大学入学者の一般入試入学者率 (2014年度入学者)
大学入学者の一般入試入学者率 (2014年度入学者)  現在の大学入学の選別方法はAOや公募選抜など、多様化してきてます。  中央教育審議会などでも、センター試験など従来の一発勝負の筆記入試の見直しを進めようとしています。同時にその方向性への異論も出ています。  それでは、2014年度入試結果では、どの程度が一般入試(センター利用を含む)で入学しているのかを、前回用いた蛍雪時代編集部『2015年度用 大学の真の実力 情報公開BOOK』旺文社(2014年9月)、及び読売新聞教育部『大学の実力 2015』中央公論新社(2014年9月)を使い、さらに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 0

2014/12/21 03:49

トップへ | みんなの「入試」ブログ

数字作ってみた 入試のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる