アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「学生」のブログ記事

みんなの「学生」ブログ

タイトル 日 時
学部収容定員過不足率(2017年5月)
学部収容定員過不足率(2017年5月)  昨年版に引き続き、2017年5月の収容定員の過不足についての資料が出揃いましたので、掲載します(通信制は除く)。なお、省庁大学校については文部科学省的な収容定員の考え方が不明確なため、割愛しています。  今回は充足の割合が高い順に表記しています。  最も定員超過しているのは、国立の長岡科学技術大学で唯一30%を超えています。こちらの手元では事情が分かりませんが、主に3年次より高等専門学校から編入してくる学生が多い大学ですので、大学進学希望者がかなり殺到でもしているのでしょうか?  私立大... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/09 21:13
各大学の在籍学生数(2017年5月1日時点)
各大学の在籍学生数(2017年5月1日時点)  昨年版に引き続きまして、学部学生の在籍学生数について2017年版の大学別データがまとまりましたので、掲載致します(通信制は除く)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

2017/10/09 18:39
国立大学の総学生数規模別分布図
国立大学の総学生数規模別分布図  以前に調べた総学生数(学部学生数+大学院生数)について、国立大学を抽出して規模別の分布を見てみました。  東京は、東大、東工大、一橋大、農工大、外大、お茶大、芸大、学芸大、医歯大、電通大、海洋大、政策研究[院]と、東大以外の10,000人未満の大学が重なりあってしまって見えづらくなっています。ご了承下さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/03 16:25
学部収容定員過不足率(2016年5月)
 以前に2015年5月時点における各大学の定員割れなど過不足の状況について、私立大学だけで示しました。  2016年5月の定員充足状況についての資料が出揃ってきましたので、今回は国公立大学も含めて算出しました。なお、省庁大学校については文部科学省的な収容定員の考え方が不明確なため、割愛しています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

2016/10/09 01:55
大学の設立時代別の構成
大学の設立時代別の構成  先に示した初設立年別の大学について、4つの時代の大学群に分けてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/08/14 18:46
各大学の在籍学生数(2016年5月1日時点)
各大学の在籍学生数(2016年5月1日時点)  一昨年版、昨年版と掲載しました学部学生の在籍学生数について、2016年版がまとまりましたので、掲載しておきます。上位の顔ぶれは、そう変わるものではありませんが、法政大学が関西大学を上回り、10位から9位に上昇したようです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 4 / コメント 2

2016/07/31 03:16
大学学部入学者数(2015年度)
 歩留率、一般入試入学者率、辞退者数、非一般入試入学者数で用いた2015年度の大学別入学者数のデータを掲載しておきます。合格者数や一般入試入学者数は把握できない大学もありましたが、入学者数については全大学把握できています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/04 22:59
専任教員1人あたり学生数(2015年5月時点)
専任教員1人あたり学生数(2015年5月時点)  前回示しました助教以上の専任教員数で、以前に示した総学生数(学部学生数+大学院生)を除して、教員1人あたりの学生数を算出してみました。  下に示した順位付けは、教員1人あたりの学生数が多い順にワーストランキングとしました。基本的には、密度が薄くなる方が良くないという考え方で、教員1人あたりの学生数は少ないのに越したことはないと観点からのランク付けです。  もちろん、前回も示しましたとおり、専門分野によって教員数の多寡もあります。医学部関係などはどこでも教員1人あたり学生数は少ないです。一方... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/22 18:07
地方国立大学はローカルな存在か?(学校基本調査による地元高校からの入学者率)
地方国立大学はローカルな存在か?(学校基本調査による地元高校からの入学者率)  以前に示した国立大学3類型においては、各大学の「ミッションの再定義」に基づかせつつ、多くの地方国立大学をいわば「地域貢献型」と位置づけさせました。  ここでの「地域」の定義は明確にはされていないので、広域なのか狭域なのかなど、その解釈は各大学に任されています。ただ、各都道府県に最低1つは整備されているということからすると、多くの大学では、地域とは地元の県のレベルと捕らえることが常識的な範囲のなるんじゃないかと思います。  それでは各国立大学がどれだけ地元に即してローカル性が高いのか。一つの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/19 07:05
学校基本調査からみる学生数等
学校基本調査からみる学生数等  前回、各種資料をもとに大学の学生割合などを算出しましたが、文部科学省から『学校基本調査』という統計が出されており、これが公式的な数値となります。  こちらで作った数値には防衛大学校など学位が取得できる7つの省庁大学校も含んでいることから、そもそも多少が値が違うものとはなりますが、それを除いても若干文科省のデータと値がずれているようです。入力ミスでなければいいのですが…(汗(ミスが見つかればこっそり訂正しておくかもしれません。あしからず)。   で、ついでに学生の構成比に合わせて、同統計から... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/02/21 03:43
大学学部学生数および大学院生数の国公私別割合
大学学部学生数および大学院生数の国公私別割合  前に学部学生数の大学別順位を提示しており、さらに以前には大学院生数の順位も出しておりました。  そこで、これらについて国立・公立・私立等の割合を出してみました。(各ページにも画像追加)  学部学生については、約256万人いますが、その8割弱を私立大学が占めています。国公立合わせても22.5%にすぎません。  他方、大学院生数については約25万人おり、そのうち、私立は33.5%と1/3を少々上回る程度です。それに対して国公立計で66.4%、国立だけで60.1%と、6割が国立大学の大学院生と... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/02/18 07:16
各大学の学部収容定員(2015年5月1日時点)
各大学の学部収容定員(2015年5月1日時点)  学部学生数を載せたので、合わせて今年度の学部収容定員も載せておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/02/15 01:23
各大学の在籍学生数(2015年5月1日時点)
各大学の在籍学生数(2015年5月1日時点)  以前に昨年度のバージョンを載せてあったので、前回の定員過不足の時の分母とした今年度の学部(学部課程相当を含む)の在籍学生数のデータも載せておきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 5 / コメント 0

2016/02/15 00:53
私立大学における定員の過不足状況(2015年5月)
私立大学における定員の過不足状況(2015年5月)  来年度入学に向けて私立大学などの入試も真っ盛りの中、ちょっと時期外れですが、今年度の私立大学の学部における定員の過不足について一覧にしてみました。  全体で581大学ありますが、このうち、286大学が定員割れでした。もっとも、年度によって若干の過不足は当然出ますので、若干の定員割れだから即どうのこうのではないとは思います。  ただまぁ、定員から1割以上不足するとなると、経営上も厄介なことかなと想像します。定員割れが10%以上の大学は、208大学ありました。  一方で定員の10%超も学生が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 2

2016/02/12 05:45
各大学の総学生数(大学院生+学部学生)
前回の大学院生数の割合の分母となった総学生数(大学院生数+学部学生数)の値です。  基本的に2015年5月の値ですが、一部に2014年5月のもあります。ご了承下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2015/12/08 02:56
各大学の総学生数に占める大学院生数の割合
前回の続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/11/30 11:43
大学院生数からみた大学順位
大学院生数からみた大学順位  大学の規模を比較するときに、学部生の人数の順位は目にすることはあっても、院生の数を比べてみるというのは、あまり目にすることが無かったな、と思います。  大学の進学ガイドなんかでも学部生のが基本だし、大学院への進学ガイドなんかでも、基本は定員しか書かれていなかったと思います。  そこで、各大学のホームページならびに大学ポートレートのデータから、現時点公表の大学院生の現員数を集計してみた。   基本は2015年5月時点ですが、一部で2014年時点のものしか公表していないところもあります。二部... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2015/11/30 03:08
学生数の東西比較
学生数の東西比較  文部科学省の学校基本調査によりますと、2014年5月時点における大学数(短期大学・通信制大学を除き、大学院大学を含む)は781大学だそうです。これに学位取得できる省立大学校を加えると全国で788大学となります。  日本を東西に分けるのに、親不知−中央アルプス−浜名湖のラインあたりを境界と見立て、富山県・岐阜県・愛知県以西を西日本、新潟県・長野県・静岡県以東を東日本とした場合、大学の数は西日本・東日本ともに394大学づつ同数となりました。 【日本列島の東西区分と大学数(2014年度)】 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/25 20:33
「入試学力実質量」=在籍学生数×一般入試入学率×偏差値拡大率
「入試学力実質量」=在籍学生数×一般入試入学率×偏差値拡大率  前に各大学の「量×質」について「学生数×偏差値の累積分布率」という試算を行いました。  これは一つの切り口だと当ブログ作者のたぬたぬ自身は思っているのですが、しかし、率で差の付かない上位同士は結局学生数だけの影響に留まってしまいがちです。  そこで、入試学力の希少性に重きをおいた指標ということで、前回、1/(1-累積分布率)による「偏差値拡大率」というのを考えてみました。  それをもとに、学生数×偏差値拡大率でのランキングを計算してみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/06 02:21
「学生数×偏差値」の試算
「学生数×偏差値」の試算  前回、偏差値別の在籍学生数の累積値をみてみましたが、今度は学生数×偏差値、すなわち「量×質」で大学を測ってみたいと思います。  ただし、偏差値というのは正規分布を利用して位置を示したものですが、量的なものを乗じるのに適切な数値ではありません。先に駿台全国判定模試を利用して平均偏差値を求めたように、下から何%といった累積分布率で、偏差値で表されるものの量的理解をしたほうが比較できると考えます。ただ、そもそも国公立・私立、文系・理系、入試科目、科目数などで実態が異なるであろう模試の偏差値を混合さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/07/05 20:29
偏差値順同世代人口に占める大学生数累積割合
偏差値順同世代人口に占める大学生数累積割合  前回示した各大学の在籍学生数を2014年の平均偏差値別に並べて、上位からの累積学生数を計算して、それを同世代の総人口で割ってみた。  ここで、同世代の人口は、総務省統計局の人口推計での2014年10月1日時点の18〜22歳人口をもとに、4月からの半年間で半分が年齢が上がるという想定で、大学1〜4年生相当の人口を計算しました。その結果、同世代人口は約493万人となり、500万人を割り込む規模となっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/05 17:56
各大学の在籍学生数(2014年5月1日時点)
各大学の在籍学生数(2014年5月1日時点) [2015/7/1データ修正]  以前、大学の就職力別の学生数の割合を計算してみましたが、その時と同様の2014年5月時点の大学別の学生数(学部生)に、省立大学校なども加えて多い順に並べてみた。  ま、もう少しすれば2015年5月の学校基本調査時のデータも出るんでしょうけど、文部省外など一部のデータが出るのが遅れるようなので、とりあえず載せておきます。    結果は下の一覧のとおりですが、当初ここに通信制大学も載せようかと思っていました。そうすると、日本最大の学生を誇る大学は放送大学とな... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 24 / トラックバック 7 / コメント 0

2015/06/29 02:54

トップへ | みんなの「学生」ブログ

数字作ってみた 学生のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる