数字作ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 収容定員充足で大学間格差の広がる女子大学

<<   作成日時 : 2018/01/03 04:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨年(2017年)11月16日に東京女学館大学閉学になったとのことです。
 先日も私立大学21法人が2019年度末までに破綻する恐れがあるという調査結果の報道がなされたとおり、私立大学の少なからずが少子化等のあおりを受けて、経営が厳しくなっています。
 その中でも女子大学は進学者の共学志向などが強まっていることもあり、上記の東京女学館大学のように存続が難しくなっているところも出ているようです。また、京都橘大学、愛知淑徳大学、武蔵野大学などのように女子大学から共学に変更するところも出ています。
 そこで、以前に示した収容定員過不足率の中から、女子大学の分を抜き出してみました。
 現在、女子大学は国公私あわせて77大学あります。大学全体では、収容定員過不足率+10%以上の「学生数過多」:-10%以上で+10%未満の定員相応の「適正範囲」:-10%未満という学生確保が困難な「定員割れ顕著」の大学数割合が1:2:1という傾向でしたが、女子大学に限ってみると、77大学が、「学生数過多」26大学、「適正範囲」25大学、「定員割れ顕著」26大学と、ほぼ1:1:1という割合になっていました。
 つまり、大学全体の傾向に比して中間の適正範囲の層が薄く、学生の集まる大学とそうでない大学との格差が大きくなっているといえる状況となっています。
 地域別にみると、首都圏では31の女子大学のうち、「学生数過多」18大学、「適正範囲」5大学、「定員割れ顕著」8大学と、上下の格差が開いています。ちなみに、河合塾が入試分析などで「首都圏女子13大学」として挙げている大妻女子大学・学習院女子大学・共立女子大学・白百合女子大学・実践女子大学・昭和女子大学・聖心女子大学・清泉女子大学・津田塾大学・東京女子大学・日本女子大学・東洋英和女学院大学・フェリス女学院大学といった、いわゆる「ブランド女子大」はいずれも「学生数過多」ないしは「適正範囲」に入っています。そういうブランド力の弱い女子大が定員割れへの追い込まれています。
 関西は19の女子大学のうち、11大学が「適正範囲」と中間層が多くなっていますが、それでも「定員割れ顕著」も5大学あります。ブランド力のある「関西6女子大」といわれる武庫川女子大学・同志社女子大学・京都女子大学・甲南女子大学・神戸女子大学・神戸女学院大学はいずれも「学生数過多」ないしは「適正範囲」に入っています。
 その他の地方では27の女子大がありますが、そのうちの13大学、すなわち概ね半数が「定員割れ顕著」に追い込まれています。一方、名古屋のブランド女子大である椙山女学園大学・金城学院大学、札幌の藤女子大学、岡山のノートルダム清心女子大学、広島の安田女子大学などは「学生数過多」ないしは「適正範囲」に入っています。

 このように地方圏で苦戦する女子大学が多い他、なにより地域でのブランド力があるかないかで、かなり格差が大きくなっているかと思われます。ともあれ、定員割れの顕著さからいくと、まずは女子大学の1/3ぐらいは今後維持が厳しくなるのではないかと危惧されるところです。

画像


【女子大学における収容定員過不足率順位】
( )内は(在籍学生数収容定員過不足率)、●:国立大学、▲:公立大学、○:私立大学

1位:○学習院女子大学 (1,785、+24.0) 東京都
2位:○ノートルダム清心女子大学 (2,316、+23.2) 岡山県
3位:○東洋英和女学院大学 (2,438、+21.9) 神奈川県
4位:○清泉女子大学 (1,901、+21.9) 東京都
5位:○津田塾大学 (2,930、+20.6) 東京都
6位:○鎌倉女子大学 (2,440、+19.6) 神奈川県
7位:○白百合女子大学 (2,077、+18.7) 東京都
8位:▲群馬県立女子大学 (991、+17.7) 群馬県
9位:○日本女子体育大学 (2,151、+17.7) 東京都
10位:○フェリス女学院大学 (2,546、+17.1) 神奈川県
11位:○神戸女学院大学 (2,626、+16.9) 兵庫県
12位:○実践女子大学 (4,315、+15.7) 東京都
13位:○聖心女子大学 (2,245、+15.1) 東京都
14位:○東京女子大学 (4,079、+14.6) 東京都
15位:○甲南女子大学 (4,114、+14.3) 兵庫県
16位:○日本女子大学 (6,214、+14.1) 東京都
17位:○東京女子体育大学 (1,548、+13.8) 東京都
18位:○藤女子大学 (2,159、+12.4) 北海道
19位:○女子栄養大学 (2,098、+12.3) 埼玉県
20位:○福岡女学院看護大学 (449、+12.3) 福岡県
21位:○昭和女子大学 (5,558、+11.7) 東京都
22位:○同志社女子大学 (6,448、+11.3) 京都府
23位:○東京家政大学 (6,412、+11.1) 東京都
24位:●お茶の水女子大学 (2,075、+11.1) 東京都
25位:○共立女子大学 (4,993、+11.0) 東京都
26位:○椙山女学園大学 (6,032、+10.2) 愛知県
27位:○大妻女子大学 (6,675、+9.5) 東京都
28位:○武庫川女子大学 (8,445、+8.9) 兵庫県
29位:○神戸親和女子大学 (1,797、+8.3) 兵庫県
30位:○金城学院大学 (5,296、+7.9) 愛知県
31位:▲福岡女子大学 (1,035、+7.8) 福岡県
32位:●奈良女子大学 (2,128、+7.5) 奈良県
33位:○京都女子大学 (5,940、+7.2) 京都府
34位:○女子美術大学 (2,402、+5.4) 神奈川県
35位:○跡見学園女子大学 (3,980、+5.3) 東京都
36位:○福岡女学院大学 (2,384、+4.4) 福岡県
37位:○神戸女子大学 (3,381、+3.1) 兵庫県
38位:○園田学園女子大学 (1,442、+2.3) 兵庫県
39位:○安田女子大学 (4,753、-0.2) 広島県
40位:○西南女学院大学 (1,557、-0.2) 福岡県
41位:○東京女子医科大学 (1,015、-0.5) 東京都
42位:○梅花女子大学 (1,877、-2.0) 大阪府
43位:○宮城学院女子大学 (2,940、-2.3) 宮城県
44位:○千里金蘭大学 (905、-5.7) 大阪府
45位:○大阪女学院大学 (592、-6.9) 大阪府
46位:○和洋女子大学 (2,471、-7.6) 千葉県
47位:○神戸海星女子学院大学 (350、-7.9) 兵庫県
48位:○桜花学園大学 (824、-8.4) 愛知県
49位:○大阪樟蔭女子大学 (2,446、-8.7) 大阪府
50位:○筑紫女学園大学 (2,527、-9.3) 福岡県
51位:○九州女子大学 (1,226、-9.9) 福岡県
52位:○松山東雲女子大学 (408、-11.3) 愛媛県
53位:○名古屋女子大学 (2,116、-11.8) 愛知県
54位:○東北女子大学 (350、-12.5) 青森県
55位:○駒沢女子大学 (1,907、-12.5) 東京都
56位:○京都光華女子大学 (1,739、-14.0) 京都府
57位:○十文字学園女子大学 (3,141、-14.6) 埼玉県
58位:○東京家政学院大学 (1,754、-15.7) 東京都
59位:○京都華頂大学 (411、-16.1) 京都府
60位:○尚絅大学 (519、-16.3) 熊本県
61位:○相模女子大学 (3,015、-18.0) 神奈川県
62位:○鹿児島純心女子大学 (606、-18.8) 鹿児島県
63位:○仙台白百合女子大学 (964、-19.7) 宮城県
64位:○活水女子大学 (1,210、-21.4) 長崎県
65位:○神戸松蔭女子学院大学 (1,846、-21.8) 兵庫県
66位:○聖徳大学 (3,672、-25.5) 千葉県
67位:○岡崎女子大学 (296、-26.0) 愛知県
68位:○岐阜女子大学 (959、-27.3) 岐阜県
69位:○広島女学院大学 (1,323、-29.6) 広島県
70位:○広島文教女子大学 (1,124、-31.0) 広島県
71位:○京都ノートルダム女子大学 (1,148、-32.3) 京都府
72位:○平安女学院大学 (501、-34.1) 京都府
73位:○郡山女子大学 (334、-35.8) 福島県
74位:○恵泉女学園大学 (996、-37.1) 東京都
75位:○川村学園女子大学 (1,052、-40.2) 千葉県
76位:○清泉女学院大学 (210、-44.7) 長野県
77位:○愛国学園大学 (210、-47.5) 千葉県

資料)螢雪時代編集部『2018年度用 大学の真の実力 情報公開BOOK』旺文社(2017年9月)をもとに、データ欠損部分を読売新聞教育ネットワーク事務局『大学の実力 2018』中央公論新社(2017年9月)大学ポートレート、各大学WebSite等の資料で補完して作成。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
収容定員充足で大学間格差の広がる女子大学 数字作ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる