数字作ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 学部収容定員過不足率(2016年5月) <補足>

<<   作成日時 : 2016/10/09 03:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 文字数の関係から、前回掲示できなかった2016年5月の定員過不足率のデータ表の画像を載せておきます。クリックして拡大してご覧下さい。
画像

 定員充足は、ただどうしても定員数どおりに学生数を丁度合わせるのはどうしても困難なため、多少の増減はするのが当然かと思います。そのため、上記表中では、増減の許容できる範囲は±10%以内として、青ハッチをしています。定員過不足率が−10%より下回ると流石に状況的に厳しいかなということで赤ハッチとなっています。また一方で定員超過で採り過ぎるのも教育環境上良好とはいえないため、定員過不足率+10%超のものを黄色ハッチとしています。
 なお、脚注にもあるとおり、上記算出の出典データは螢雪時代編集部『2017年度用 大学の真の実力 情報公開BOOK』旺文社(2016年9月)をもとにしており、一部について、読売新聞教育ネットワーク事務局『大学の実力 2017』中央公論新社(2016年9月)、『大学ポートレート』WebSite、各大学WebSite等からの情報により補足・修正の上で作成しています。

 表ではワースト順、つまり定員割れの大きい順に大学を記していますが、最も過不足率が低い大学は千葉県の愛国学園大学となっています。定員400人のところ学生数が114人であり、定員過不足率が-71.5%、定員の3割弱しか満たしていないようです。
 ワースト2位もやはり定員過不足率がマイナス7割を超える松蔭大学です。こちらは定員2,100人に対して学生数621人となっており、1,479人もの定員割れとなっています。
 以下、苫小牧駒澤大学[北海道]、高岡法科大学[富山]、宇都宮共和大学[栃木]、開智国際大学[千葉]、名古屋産業大学[愛知]、東海学院大学[岐阜]、人間環境大学[愛知]、愛知工科大学[愛知]まででワースト10となっており、-45%より低い定員過不足率となっています。必ずしも地方部の大学という訳ではなく、首都圏や中京圏でも大幅な定員割れの大学が目立ちます。
 なお、定員割れの人数の実数から、ワースト順に1,000人以上の定員割れの大学をみると、以下の12大学となります。
 1位:○日本経済大学 [福岡](-2,385人)
 2位:○大阪学院大学 [大阪](-1,487人)
 3位:○松蔭大学 [神奈川](-1,479人)
 4位:○明海大学 [千葉](-1,451人)
 5位:○徳島文理大学 [徳島](-1,368人)
 6位:○京都精華大学 [京都](-1,215人)
 7位:○大阪国際大学 [大阪](-1,182人)
 8位:○福山大学 [広島](-1,180人)
 9位:○札幌学院大学 [北海道](-1,168人)
 10位:○北陸大学 [石川](-1,025人)
 11位:○文化学園大学 [東京](-1,016人)
 12位:○姫路獨協大学 [兵庫](-1,010人)
 前述の松蔭大学以上に、日本経済大学、大阪学院大学では、定員割れの人数規模が大きくなっています。

 定員割れする大学のほとんどが私立大学であり、国公立大学では定員割れ大学はごく少数で、しかもたいがいはその程度は軽微なものです。
 ただ、福知山公立大学は、今年度から私立の成美大学から公立へと転換したばかりであり、2016年の入学者は入学定員を満たしたものの、過年度入学の在校生の学年の定員割れ状態が大きいことから、国公立大学の中でも例外的に定員過不足率の低い大学となっています。




2017(平成29)年度用 大学の真の実力 情報公開BOOK (旺文社ムック)
旺文社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2017(平成29)年度用 大学の真の実力 情報公開BOOK (旺文社ムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学部収容定員過不足率(2016年5月) <補足> 数字作ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる