数字作ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 文科省附属研究機関による理系分野の研究論文の質と量からみた日本の大学の状況

<<   作成日時 : 2016/02/07 04:15   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 文部科学省の附属研究機関である科学技術・学術政策研究所の研究者から、昨年12月に『研究論文に着目した日本の大学ベンチマーキング2015−大学の個性活かし、国全体としての水準を向上させるために−』という研究報告が発表されました。
 要旨によれば、この研究は「研究活動の成果物の一つである研究論文(以下、論文)に着目し、各大学の“個性(強み)”を把握」することを目的としており、「個別大学の分野特徴や時系列での変化を把握するために、大学ごとの研究状況シートを作成し、比較」と「個別大学の相対的な状況を把握するため、日本の大学の中でのポジショニングの分析および各種研究分野における世界と競える強みを持つ大学の分析」という2つの検討を軸とされています。
 この研究ではトムソン・ロイターの Web of Science XML (SCIE, 2014 年末バージョン)を用いて、理系(自然科学系)研究について「2004-2013年の10年間で1,000件以上の論文を産出した136大学(国立大学64、公立大学15、私立大学57)を分析対象」として抽出し、様々な集計を行っています(対象となった大学名と10年間の論文数は本ページの末尾に引用し記載)

 今回、当ブログでは、前述の2つ軸のうちの後者の中から、「3-3 研究ポートフォリオ8分野から見る大学の状況」として報告されている部分(p30〜47)を用いて、理系研究における日本の大学の国内での位置をみてみます。
 検討は縦横の2軸で研究分野ごとに各大学を位置づけるもので、その軸は論文の質と量を各々表せる指標から設定されています。
 トムソン・ロイターでは各論文に229のサプカテゴリなど、詳細な研究分野のインデックスを振っていますが、ここの検討では大分類といえるEssential Science Indicatorsにおける自然科学系の22分野をさらにを集約し、8つの「研究ポートフォリオ分野」として設定されています。
 
今回の8分野←トムソン・ロイターEssential Science Indicatorsでの分類
化学←化学
材料科学←材料科学
物理学←物理学、宇宙科学
計算機科学・数学←計算機科学、数学
工学←工学
環境・地球科学←環境/生態学、地球科学
臨床医学←臨床医学、精神医学/心理学
基礎生命科学←農業科学、生物学・生化学、免疫学、微生物学、分子生物学・遺伝学、神経科学・行動学、薬理学・毒性学、植物・動物学

 軸となる論文の質と量について、まず、量については、論文の発表数の世界シェアを用いられています。
 一方、質については、論文の被引用数、つまり該当する論文が他の論文から引用された回数を加工して批評が作られています。加工された批評は「Top10%補正論文数」というもので、これは「被引用数が各年各分野で上位10%に入る論文の抽出後、実数で論文数の1/10 となるように補正を加えた論文数」(p5)だそうです。
 これら2つを軸に下に示したチャートを各分野ごとに作成し、大学の位置をみています。
画像


 質と量の関係からチャート内のセルを統合して大きな「層」が提示されています。この層が意味するところは、

 第1層:世界での量・質ともに存在感を示し、日本の研究活動の牽引役の大学の層
 第2層:第1 層を量・質ともにフォローする日本の研究活動の厚みを構成している大学の層
 第3層:第2 層の厚みを増加させるポテンシャルを持つ大学の層
 第3層予備群:論文数は少ないものの程度の論文数(年10本以上)あり、第3層としての要素を持つ大学の層

という旨だそうです。

 これらの分類・指標から2004〜2013年の5ヵ年における理系の論文を集計した結果、導き出された各層の大学名をみると以下のとおりとです。なお、発表されたデータではそれ以前の5ヵ年との比較なども掲載されています。


【理系各分野における日本の大学の量と質の状況(2009-2013年)】
●:国立大学、▲:公立大学、○:私立大学

〔化学〕
第1層
●東京大学、●京都大学、●大阪大学、●名古屋大学
第2層
●東京工業大学、●東北大学、●九州大学、●北海道大学、●筑波大学、○早稲田大学、○東京理科大学、▲首都大学東京、○関西大学
第3層
●神戸大学、●広島大学、○慶應義塾大学、●千葉大学、▲大阪府立大学、●岡山大学、●東京農工大学、●金沢大学、●奈良先端科学技術大学院大学、●信州大学、●熊本大学、●横浜国立大学、○近畿大学、●名古屋工業大学、▲大阪市立大学、●山形大学、●富山大学、●群馬大学、●京都工芸繊維大学、●静岡大学、▲兵庫県立大学、●岐阜大学、●徳島大学
第3層予備群
○立教大学、○兵庫医科大学、○立命館大学、●電気通信大学、○中央大学

〔材料科学〕
第1層
●東京大学
第2層
●大阪大学、●東北大学、●京都大学、●東京工業大学、●九州大学、●北海道大学、●筑波大学、▲大阪府立大学、○早稲田大学、●広島大学、●山形大学
第3層
●名古屋大学、●信州大学、●名古屋工業大学、●長岡技術科学大学、○東京理科大学、○慶應義塾大学、●熊本大学、●京都工芸繊維大学、●横浜国立大学、●岡山大学、●九州工業大学、●豊橋技術科学大学
第3層予備群
●千葉大学、●神戸大学、○東京女子医科大学、●佐賀大学、●岩手大学、●電気通信大学、○名城大学

〔物理学〕
第1層
●東京大学、●京都大学、●東京工業大学、●大阪大学、●名古屋大学、●東北大学、○早稲田大学、●広島大学、●筑波大学
第2層
●九州大学、●北海道大学、●総合研究大学院大学、●神戸大学、●千葉大学、●信州大学、▲大阪市立大学、▲首都大学東京、●岡山大学、○東京理科大学、●電気通信大学、●新潟大学、○立命館大学、●愛媛大学
第3層
○慶應義塾大学、●金沢大学、○青山学院大学、●埼玉大学、●山形大学、●東京農工大学、●横浜国立大学、○日本大学、●茨城大学、▲大阪府立大学、●名古屋工業大学、●九州工業大学、●静岡大学
第3層予備群
○中部大学、○立教大学、●奈良女子大学、●佐賀大学、●富山大学、○近畿大学、●岐阜大学、●高知大学、○東邦大学、●宮崎大学、●鳥取大学、○神奈川大学、○日本歯科大学

〔計算機科学・数学〕
第1層
(なし)
第2層
●東京大学、●京都大学
第3層
●東京工業大学、●大阪大学、●名古屋大学、○早稲田大学、●広島大学、●九州大学、●筑波大学、●東北大学、●北海道大学、●神戸大学、●千葉大学、○東京理科大学、●九州工業大学、▲大阪市立大学、○日本大学
第3層予備群
●埼玉大学、●佐賀大学、●岐阜大学、●福井大学、●静岡大学

〔工学〕
第1層
(なし)
第2層
●東京工業大学、●東京大学、●京都大学、●東北大学、○早稲田大学、▲大阪府立大学
第3層
●九州大学、●北海道大学、●大阪大学、●名古屋大学、●神戸大学、●千葉大学、▲首都大学東京、●九州工業大学、●筑波大学、●横浜国立大学、●静岡大学、●広島大学、○東京理科大学、○慶應義塾大学
第3層予備群
●群馬大学、●岩手大学、●富山大学、○近畿大学、●三重大学、●琉球大学

〔環境・地球科学〕
第1層
●東京大学、●東北大学
第2層
●北海道大学、●京都大学、●東京工業大学、●高知大学、●名古屋大学
第3層
●九州大学、●筑波大学、●愛媛大学、●広島大学、●大阪大学、●琉球大学、●東京農工大学、●岡山大学、●金沢大学、●神戸大学、●千葉大学
第3層予備群
●山梨大学、▲兵庫県立大学、○千葉工業大学、●東京海洋大学、▲大阪市立大学、●茨城大学

〔臨床医学〕
第1層
●東京大学、●京都大学
第2層
●大阪大学、○慶應義塾大学、●東北大学、●北海道大学、●名古屋大学、●東京医科歯科大学、○東京女子医科大学、▲横浜市立大学、●九州大学、●筑波大学、●広島大学、●熊本大学、○自治医科大学、●岡山大学、●金沢大学、●千葉大学、●滋賀医科大学、○東海大学、○近畿大学、●富山大学
第3層
○順天堂大学、●新潟大学、●神戸大学、●長崎大学、○日本大学、●信州大学、▲札幌医科大学、○産業医科大学、▲和歌山県立医科大学、○久留米大学、○藤田保健衛生大学、▲京都府立医科大学、○東京医科大学、●浜松医科大学、○埼玉医科大学、▲名古屋市立大学、○日本医科大学、○東京慈恵会医科大学、○川崎医科大学、▲福島県立医科大学、●鹿児島大学、○岩手医科大学、●岐阜大学、●愛媛大学、○東邦大学、○兵庫医科大学、○福岡大学、○昭和大学、▲大阪市立大学、○帝京大学、●群馬大学、○獨協医科大学、●三重大学、○大阪医科大学、▲奈良県立医科大学、○北里大学、●徳島大学、●山口大学、●大分大学、●鳥取大学、●弘前大学
第3層予備群
○中部大学、▲京都府立大学、●お茶の水女子大学、●旭川医科大学、●山梨大学、○同志社大学、●秋田大学、○関西医科大学、○金沢医科大学、●東京農工大学

〔基礎生命科学〕
第1層
●東京大学、●大阪大学
第2層
●京都大学、●東北大学、●北海道大学、●九州大学、○慶應義塾大学、●名古屋大学、●東京医科歯科大学、●岡山大学、●千葉大学、●神戸大学
第3層
●筑波大学、●広島大学、●東京工業大学、●総合研究大学院大学、▲横浜市立大学、●金沢大学、○順天堂大学、○早稲田大学、●熊本大学、▲名古屋市立大学、●新潟大学、●長崎大学、●群馬大学、●徳島大学、○東海大学、○近畿大学、●富山大学、●信州大学、●琉球大学、●東京農工大学、●鹿児島大学、●岐阜大学、●愛媛大学、▲大阪市立大学、●香川大学、○北里大学、●山口大学、●宮崎大学、○日本大学、●鳥取大学
第3層予備群
●奈良先端科学技術大学院大学、○中部大学、○明治大学、○立教大学、●埼玉大学、●滋賀医科大学、▲京都府立大学、○札幌医科大学、●奈良女子大学、○関西大学

出典)前掲書p30〜47をもとに作成

 以上の発表成果をもとに、当ブログで高位の層の多い順に大学別に整理してみたのが下表です。調査対象の136大学中、いずれかの分野の層に食い込めた大学は111大学でした。
画像

 さすがに東京大学は6つの分野で第1層に位置するなど、我が国の理系研究を先導してきた大学といえるでしょう。
 ただ、その東大をしても、計算機科学・数学分野と工学分野では、第1層には入れないという状況です。技術立国と言われている日本ですが、工学研究などで中国等の躍進の中で、やはり相対的な地位低下は否めないというところでしょうか。第3層までに入っている大学数でも計算機科学・数学分野や工学分野での苦戦している感があります。
 下表で2位に位置するのが京都大学で3つの分野で第1層に位置しました。以下、大阪大学、東北大学、名古屋大学と続きます。
 第1層に入る大学が多いのが物理学の分野で東京工業大学、筑波大学、早稲田大学、広島大学などはこの分野で第1層とされています。一方で、北海道大学と九州大学は第1層に入る分野がありませんでした。
 上述しましたが、他国が追い上げる中で、日本の大学の世界の中の相対的な地位は厳しくなってきています。この研究の分類で上位の層に位置しても世界の戦いの中では盤石な地位でもないでしょう。紹介した研究報告は今後の伸ばすべき強みを見出すことが目的とされていて、これまでの地位の低下の原因などには触れられてはいませんが、やはり国立大学への運営交付金削減と競争的資金への移行といった悪政により研究基盤が悪化していることと無関係ではないでしょう。研究報告からの位置づけをみるとおり、日本の理系研究を牽引し、層の厚みを構成しているかなりの部分は国立大学です。その国立大学を締め上げるような施策は一層の日本の低迷を招くものとなりかねません。研究成果からみられるこの現状を理解した上で、目先の利益ばかりに囚われない大学施策を、当ブログとしては文科省に期待します。


【参考:研究対象として抽出された136大学とその理系論文本数】
〔2004-2013年の10年間での自然科学系総論文数が1,000本以上の日本の国公私立大学(論文数順位)〕

( )内はトムソン・ロイター Web of Science XML(SCIE, 2014年末バージョン)から集計された論文数
●:国立、▲:公立、○私立

1位:●東京大学(73,648)
2位:●京都大学(54,652)
3位:●大阪大学(44,345)
4位:●東北大学(43,791)
5位:●九州大学(30,036)
6位:●北海道大学(29,127)
7位:●名古屋大学(28,670)
8位:●東京工業大学(24,314)
9位:●筑波大学(18,294)
10位:●広島大学(16,122)
11位:○慶應義塾大学(14,966)
12位:●岡山大学(13,917)
13位:●千葉大学(12,497)
14位:●神戸大学(12,476)
15位:○早稲田大学(9,672)
16位:●金沢大学(9,421)
17位:○日本大学(9,171)
18位:●新潟大学(8,308)
19位:●東京医科歯科大学(8,290)
20位:●熊本大学(8,064)
21位:○東京理科大学(7,992)
22位:▲大阪市立大学(7,826)
23位:●信州大学(7,367)
24位:●長崎大学(7,305)
25位:●岐阜大学(6,934)
26位:●徳島大学(6,774)
27位:●東京農工大学(6,570)
28位:○近畿大学(6,547)
29位:▲大阪府立大学(6,336)
30位:○北里大学(6,317)
31位:●富山大学(6,230)
32位:●愛媛大学(6,227)
33位:●鹿児島大学(6,187)
34位:●群馬大学(6,134)
35位:○東海大学(5,916)
36位:▲首都大学東京(5,910)
37位:●山口大学(5,597)
38位:○順天堂大学(5,536)
39位:▲横浜市立大学(5,253)
40位:●山形大学(5,179)
41位:○東京女子医科大学(4,887)
42位:●三重大学(4,866)
43位:●静岡大学(4,695)
44位:●鳥取大学(4,507)
45位:●名古屋工業大学(4,404)
46位:▲名古屋市立大学(4,361)
47位:●佐賀大学(4,358)
48位:○東邦大学(4,240)
49位:●琉球大学(4,229)
50位:●総合研究大学院大学(4,158)
51位:●高知大学(3,962)
52位:●横浜国立大学(3,929)
53位:▲京都府立医科大学(3,888)
54位:▲兵庫県立大学(3,824)
55位:○昭和大学(3,721)
56位:●山梨大学(3,719)
57位:●島根大学(3,706)
58位:○自治医科大学(3,691)
59位:○福岡大学(3,683)
60位:●弘前大学(3,630)
61位:●奈良先端科学技術大学院大学(3,562)
62位:●福井大学(3,480)
63位:●宮崎大学(3,452)
64位:○日本医科大学(3,450)
65位:●電気通信大学(3,355)
66位:●香川大学(3,324)
67位:●九州工業大学(3,242)
68位:○東京慈恵会医科大学(3,199)
69位:○帝京大学(3,197)
70位:○立命館大学(3,191)
71位:○久留米大学(3,166)
72位:▲札幌医科大学(3,133)
73位:●京都工芸繊維大学(3,113)
74位:●埼玉大学(3,049)
75位:●茨城大学(2,993)
76位:○埼玉医科大学(2,919)
77位:●岩手大学(2,891)
78位:●秋田大学(2,844)
79位:○東京医科大学(2,821)
80位:●大分大学(2,812)
81位:●浜松医科大学(2,727)
82位:○藤田保健衛生大学(2,688)
83位:●豊橋技術科学大学(2,681)
84位:○産業医科大学(2,616)
85位:▲静岡県立大学(2,512)
86位:●滋賀医科大学(2,479)
87位:▲奈良県立医科大学(2,473)
88位:○兵庫医科大学(2,466)
89位:●長岡技術科学大学(2,441)
90位:●北陸先端科学技術大学院大学(2,316)
91位:○獨協医科大学(2,266)
92位:▲和歌山県立医科大学(2,175)
93位:▲福島県立医科大学(2,011)
94位:○東京薬科大学(1,955)
94位:○同志社大学(1,955)
96位:○岩手医科大学(1,930)
97位:●東京海洋大学(1,919)
98位:○神奈川大学(1,916)
99位:○関西医科大学(1,906)
100位:○関西大学(1,902)
101位:○川崎医科大学(1,863)
102位:○名城大学(1,824)
103位:○愛知医科大学(1,799)
104位:●奈良女子大学(1,769)
105位:○大阪医科大学(1,737)
106位:○杏林大学(1,736)
107位:○聖マリアンナ医科大学(1,727)
108位:●帯広畜産大学(1,698)
109位:○金沢医科大学(1,614)
110位:●旭川医科大学(1,582)
111位:●宇都宮大学(1,572)
112位:●お茶の水女子大学(1,560)
113位:○徳島文理大学(1,516)
114位:○中部大学(1,513)
115位:○明治大学(1,509)
116位:○京都薬科大学(1,481)
117位:○上智大学(1,471)
118位:○中央大学(1,425)
119位:○関西学院大学(1,418)
120位:○東京農業大学(1,403)
121位:○星薬科大学(1,389)
122位:○青山学院大学(1,386)
123位:○岡山理科大学(1,355)
124位:○立教大学(1,327)
125位:▲岐阜薬科大学(1,191)
126位:○芝浦工業大学(1,167)
127位:○愛知学院大学(1,097)
128位:○東京歯科大学(1,094)
129位:▲京都府立大学(1,078)
130位:○日本歯科大学(1,066)
131位:▲秋田県立大学(1,043)
132位:○東京電機大学(1,042)
133位:○千葉工業大学(1,029)
134位:●室蘭工業大学(1,018)
135位:○麻布大学(1,016)
136位:○国際医療福祉大学(1,014)

出典)前掲書p8をもとに作成

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
トムソンロイターの理系サブジェクトカテゴリ別被引用論文数世界200位内の分野
 前回も示した文部科学省の科学技術・学術政策研究所の研究者が発表した『研究論文に着目した日本の大学ベンチマーキング2015−大学の個性活かし、国全体としての水準を向上させるために−』では、トムソン・ロイターのデータを用いながら様々な集計から検討が行われていますが、その中に「3-5 サブジェクトカテゴリから見る大学の状況」という項があります(p52〜56)。サブジェクトカテゴリとはより詳細な学問分野の分類で、1つの論文に複数つくものだそうです。最近の5ヶ年分として集計された2009-2013... ...続きを見る
数字作ってみた
2016/02/09 23:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
文科省附属研究機関による理系分野の研究論文の質と量からみた日本の大学の状況 数字作ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる