数字作ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 科研費の大型基盤研究案件(基盤研究(S))の過去8年間の採択状況

<<   作成日時 : 2015/11/16 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 科研費の中には様々な研究種目がありますが、その中で、大型の案件として「基盤研究(S)」というのがあります。
 日本学術振興会のHPによりますと、基盤研究(S)とは、
科学研究費助成事業の中心となる研究種目である基盤研究の中で、「安定的な研究の実施に必要な研究期間」と「研究遂行に必要かつ十分な研究費の確保」により、これまでの研究成果を踏まえて、さらに独創的、先駆的な研究を格段に発展させるために設けられている研究種目で、研究期間は原則として5年間、研究費の申請総額は5,000万円以上2億円程度までの範囲としています。
だそうで、『一人又は比較的少人数の研究者が行う独創的・先駆的な研究』が対象なんだそうす。
 基盤研究(S)がこのような規模になったのは2008年度からで、これまでの8年間に712件が採択されています。科研費研究としては極めて少ない案件数です。
 このような長期・多額の大型案件を採ることのできる研究者は、蓋然性の高い研究内容を示せるとともに、やはり学界の中で信頼のある方でないと難しいでしょうね。そうでないと、仲間内からも厳しい審査になるでしょうからね。
 それでは、どこの大学の研究者が採択されたかについて、日本学術振興会のHPの内容から2008年度以降のものを集計してみた。結果、61大学が対象となました。こういう案件を採れる研究者が多数いる大学というのは、それだけ重要な大学といえるでしょう。

【2008年度〜2015年度の基盤研究(S)の採択研究者の所属大学別順位】
 ●:国立大学、▲:公立大学、○:私立大学

1位(161件):●東京大学

2位(85件):●京都大学

3位(65件):●大阪大学

4位(47件):●東北大学

5位(36件):●名古屋大学

6位(34件):●九州大学

7位(22件):●東京工業大学、●北海道大学

9位(19件):○慶應義塾大学

10位(15件):○早稲田大学

11位(14件):●筑波大学

12位(7件):●神戸大学、●東京医科歯科大学

14位(6件):●愛媛大学、●一橋大学、●横浜国立大学

17位(5件):●千葉大学

18位(4件):●熊本大学、●広島大学、▲首都大学東京、○東京理科大学、●奈良先端科学技術大学院大学、●豊橋技術科学大学

24位(3件):●岡山大学、●金沢大学、▲大阪市立大学

27位(2件):○京都産業大学、●九州工業大学、●政策研究大学院大学、●静岡大学、▲大阪府立大学、●鳥取大学、●東京農工大学、●北陸先端科学技術大学院大学、○立命館大学

36位(1件):●茨城大学、▲横浜市立大学、○学習院大学、○関西学院大学、○関西大学、●岩手大学、●岐阜大学、▲京都府立医科大学、▲京都府立大学、●香川大学、●埼玉大学、●山口大学、○松本歯科大学、●信州大学、●新潟大学、○中部大学、●長崎大学、○東京農業大学、●富山大学、●福島大学、▲兵庫県立大学、○法政大学、●北海道教育大学、○名城大学、●琉球大学、○獨協医科大学

注)大学名は代表研究者の採択時の所属
資料)日本学術振興会のHPより集計



 大雑把にいえば、上位はまぁ普段の科研費獲得の多い大学が名を連ねてますね。特に東大は飛び抜けて多いですね。特筆するとすれば、筑波よりも慶応・早稲田のほうがこの件数が多いことですね。早慶にはそれだけの重要な研究者がいるということでしょうね。
 14位に目をやると、一橋、横国、愛媛が各6件採択で上がっています。一橋は科研費全体では採択本数や配分額で低いですが、重要な大型案件となると、存在感が出てきますね。また、地方国立大学で、旧官立の千葉・広島・熊本・岡山・金沢を抑えて、愛媛が上位に挙がっているのも特徴でしょう。農学、環境学、地球科学などの分野で愛媛大学は重要な研究者を擁しているようです。

 また、科研費全般にそうですが、この基盤研究(S)も大学のみに開かれた事業ではなく、大学以外の機関からも採択されています。下記にそれら30機関を示しますが、圧倒的に理化学研究所(理研)ですね。東工大や北大以上に大型案件が採択されています。その他に、民間企業(NTT)の研究所や高専などの研究者も採択されています。
理化学研究所(25件)、高エネルギー加速器研究機構(8件)、国立遺伝学研究所(5件)、海洋研究開発機構(3件)、国立天文台(3件)、生理学研究所(3件)、宇宙航空研究開発機構(2件)、基礎生物学研究所(2件)、気象研究所(2件)、国立極地研究所(2件)、国立精神・神経医療研究センター(2件)、産業技術総合研究所(2件)、奈良文化財研究所(2件)、NTT物性科学基礎研究所(1件)、核融合科学研究所(1件)、岩手生物工学研究センター(1件)、高知工業高等専門学校(1件)、国立科学博物館(1件)、国立環境研究所(1件)、国立情報学研究所(1件)、国立民族学博物館(1件)、実験動物中央研究所(1件)、先端医療振興財団(1件)、大阪バイオサイエンス研究所(1件)、中近東文化センター(1件)、東京国立博物館(1件)、東京都神経科学総合研究所(1件)、統計数理研究所(1件)、分子科学研究所(1件)、放射線影響研究所(1件)。

 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
国立大学内における3類型別のシェア
 先に、国立大学の3類型が決まり、密かに(?)発表されたことを書きましたが、それではこの3類型が国立大学の枠組みの中でどのような地位となっているのか、シャアを計算してみた。  改めて、文部科学省高等教育局が平成28年度予算の概算要求時に付した国立大学の重点支援の3類型に区分された各大学名を見ると以下のとおりです。 ...続きを見る
数字作ってみた
2015/11/23 02:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
科研費の大型基盤研究案件(基盤研究(S))の過去8年間の採択状況 数字作ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる